スマホで視力が低下するのでしょうか

MENU

スマホで視力が低下するのでしょうか

スマホで視力が低下するのでしょうか

暇さえあればスマホの画面を見てしまうけど、何だか最近視力が低下した様な気がするなと感じていませんか。

 

そうはいっても、既にスマホ中毒だという人もたくさんいるでしょう。スマートフォンの使い過ぎで視力が低下するということはあるのでしょうか。また、その場合、どうすれば予防できるか目を健康に保てるか気になります。

 

スマートフォンが眼に与える影響

 

もちろん、スマートフォンは目にはよくありません。原因としては2つあります。1つは、近くにあるものばかり見続けることや、長時間テレビやゲーム、パソコンの画面を見続けることと同様で眼に負担がかかり、眼精疲労になってしまうことです。そのことが眼の筋肉を緊張させます。

 

直筋の緊張状態が遠視につながり、斜筋の緊張状態が近視につながります。また、慢性疲労や長期間いらいらしたりすることなども、眼の筋肉を緊張させる原因になるのです。

 

2つ目は、スマートフォンの画面から発せられているブルーライトです。ブルーライトは、何となく知っているという人も多いでしょう。目に良くないのはわかっているけど、具体的にはどんなものか知らないという人がほとんどです。

 

ブルーライトがどの様な影響を与えるかというと、寝る前に浴びると寝つきが悪くなるということは耳にした人もいるでしょう。寝る前に浴びると睡眠障害が起きるともいわれています。ブルーライトとは、人間が見ることができる可視領域にある光で、強い光なので水晶体や角膜までも通り抜けて、眼の組織にまで悪影響を及ぼします。

 

スマートフォンやタブレット、パソコンなどはこのブルーライトを利用して光を発しているのです。このことによって、眼の健康にも悪影響が出てしまうのです。では、そのブルーライトの目への影響とはどういったものなのでしょうか。

 

ブルーライトの目への影響

 

まず、網膜への影響ですが、ブルーライトを見続けると網膜の中心にある黄斑が傷ついてしまうということがあります。更に怖いのは、黄斑の傷が増加すると、様々な目の病気を引き起こす可能性も高くなると言われていることです。

 

そして、角膜にもブルーライトを見続けることで、影響が出ます。顔面の三叉神経が刺激されて圧迫されてしまうということがありますし、圧迫がひどくなると目が痛くなったり、眼の裏に鈍痛が走ることもあるそうです。

 

また、眼の痛みや疲れは、皆さんよく感じることがあるのではないでしょうか。近い距離で画面に集中して凝視することも多いため、まばたきの回数が極端に減ってしまいます。

 

このことが原因で目の乾燥が進み、ドライアイになってしまうことがあるのです。また、ピント調節機能を果たす水晶体などの目の組織を痛めることにもなります。このことからも、目の痛みや疲れを感じやすくなります。

 

スマートフォンのブルーライト対策

 

では、スマートフォンのブルーライトをカットするには、どの様な方法があるのでしょうか。主な方法としては、2種類あります。

 

まず、スマートフォンにブルーライト軽減フィルターを貼ること。そして、ブルーライトカットのメガネをすることです。ブルーライト軽減機能のあるスマートフォンもあるので、あまり気になる様なら使ってみるのも良いでしょう。

 

スマートフォンによる視力低下を防ぐには、ブルーライトをカットすることがまずは大事です。また、ドライアイになっている人は意外に多いものです。目薬をさすことで目の疲れもとれますし、いつでもどこでも簡単にドライアイを予防できます。

 

あまり集中し過ぎずに適度な休憩をとることも重要です。目を酷使してはいけません。適度な休憩で目の疲れも解消します。少しの間、目を閉じて休ませるだけでも何もしないのとは大きな違いがあります。

 

目を休めることの重要性

 

仕事でパソコンを使い、休憩時間にはスマートフォンの画面を凝視して暮らしている人が多いのです。少しの間でも目を休めることを心掛けましょう。もっと本格的に眼の疲れをとるには、目を温めることが効果的です。目を温めることで目や周辺の毛細血管が開くので、血行が良くなります。

 

目を冷やすのはどうかというと、毛細血管が収縮してしまうので、血行が悪くなってしまいます。最近では、疲れた目を温めるホットマスクなども一般的になってきていますので、日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

そして、画面ばかり見ないで、時には遠くを見つめることも良い対策になります。これは、わざわざ外に出なくても、部屋の中で遠い位置にあるものを見るだけでも良い効果があります。

 

近くにあるものばかり見続けていると、近眼の度が進んでしまいますので、時には画面から目を外して、意識して遠くを見ることが大事です。

 

スマートフォンは目には良くないですが、今では私達の生活にとって、なくてはならない存在です。日常生活のなかで目の健康を保つことを意識して、心掛けることで目への悪影響を最小限に抑えることもできます。

 

目に負担をかけず、あまり集中し過ぎずに、適度に使いながら目の健康について意識を高めていくことが大事なのです。