スマホ老眼はどんな症状なのか

MENU

スマホ老眼はどんな症状なのか

スマホ老眼はどんな症状なのか

スマホを使っている人がとても多くなりました。今では、スマホがないと不安になってしまうほど、スマホのヘビーユーザーも多いです。プライベートで使う人だけではなく、便利なアプリがあることから仕事でも使う人が多いので、小さなスマホの画面を見続けなくてはならないでしょう。そうすると、実はかなり目に負担がかかってしまうのです。

 

スマホを使う前と、今では目に何か異変はありませんか。視力が下がったと感じている人もいるでしょう。また、カスミ目が気になっている人もいるはずです。スマホを操作しているときは、瞬きの回数が減りますので涙の量が少なくなってしまいます。それに、スマホの画面は小さいですし、かなり顔に近付けていませんか。目は近くにあるものを見るときにピントを合わせる筋肉を使い続けてしまいます。

 

以上のような状態が続くことで、スマホ老眼になってしまうと言われています。では、具体的にはどのような症状があるのでしょうか。普通の老眼に近いです。ずっと近くばかりを見ていることもあって、目のピント調節機能が低下してしまいます。老眼とはメカニズムが違いますが、普通の老眼と同じように近くを見るときにピントを合わせにくくなってしまいます。

 

目のピント調節機能は、ずっと使い続けてしまうとスムーズに機能しにくくなってしまいます。だから、近くを見るときにぼやけて見えるだけではありません。

 

スマホをずっと見ており、急に顔を上げたことはありませんか。この時、遠くを見ようと思っているのに、ぼやけて見えてしまったことがないでしょうか。これもスマホをずっと使い続けたことが関係しています。目のピントをずっと近くに合わせ続けていたために、遠くをすぐに見ようと思ってもうまくピントを遠くに合わせられなくなってしまったのです。

 

視界と眼の筋肉の関係

 

目には6つの筋肉があります。この筋肉を使ってピントを合わせてものを見たり、ものを立体的に見たりするのですが、筋力が衰えてしまうとそれが難しくなってしまいます。ピントを合わせる機能も筋肉を使っていますので、筋肉を使い続けていれば、やがて疲れてしまいます。だから、ピントを合わせることが難しくなります。

 

通常の老眼は、加齢によって目のピント調節機能が衰えてしまったために、近くのものを見ることが難しくなります。近くのものを見るときに特に目のピント調節に使う筋肉を使うからです。

 

近視や遠視の場合は、目のピント調節機能が衰えているというわけではなく、眼軸の長さや角膜や水晶体による屈折力が関係していますのでメカニズムが全然違います。

 

では、スマホ老眼ですが通常の老眼と同じように目のピント調節機能が低下してしまいます。スマホを見続けたことで、目がずっと緊張状態に置かれてしまったためです。

 

パソコンもそうですが、スマホからもブルーライトが出ていますから、ただでさえ近くにある画面を見るだけでも目の筋肉が疲れてしまいやすいのに、より一層目が疲れてしまいます。ずっとスマホを使い続けていると、目が疲れませんか。それだけ、目に負担がかかっているというわけです。

 

スマホを使うときは、ずっと連続して使い続けていませんか。何時間も夢中になって使い続けてしまうと、やがて目のピント調節機能が低下してしまいます。

 

まだ若いのに老眼になったのではないかと不安になるかもしれません。しかし、症状を改善させることは十分できますし、予防することもできます。スマホが手放せない人でもちょっとした工夫をするだけで十分予防することができます。

 

スマホはずっと使い続けないことです。1時間に1度はスマホから目を離して遠くを見るようにしてください。そうすると、目のピント調節機能である筋肉を休ませることができます。

 

これをやるのとやらないとでは全然違うでしょうから、ずっとスマホを使いたいと思っても、ちょっとだけで良いので遠くを見る時間を作ってください。定期的に目を休める習慣を作れば、目のピント調節機能を使い続けなくて済みますから、だいぶ目が楽になるはずです。

 

一日の終わりには蒸しタオルで目を温めるようにしましょう。目の周りの血流が改善されます。血流が改善されると、目に必要な栄養がどんどん目に届くようになりますから、目の疲れを癒すことができます。

 

蒸しタオルで目を温めるから休ませなくて良いというわけではありません。基本的には、定期的に目を休ませてください。また、目に良いと言われているサプリメントも効果的です。ブルーベリーやカシスなど目に良いサプリメントも効果が期待できます。

 

若い人のほうがスマホを長時間見続けてしまうのではないでしょうか。若いから大丈夫だと思っていると、いつスマホ老眼の症状が現れるかわかりません。

 

すでに、近くがぼやけるなどで困っている人もいるでしょう。スマホとの付き合い方を考えたり、目を休ませるなど考えてみてください。今とは違ったスマホの使い方をするだけで予防も改善もできます。