自分でできるスマホ老眼の対策

MENU

自分でできるスマホ老眼の対策

自分でできるスマホ老眼の対策

スマホ老眼の症状には、遠くは見えても近くの文字がぼやけてしまう、目の焦点が合いづらい、目の疲れ、目のかすみ、肩こり、頭痛などがあらわれます。これらの症状は、スマホを四六時中見ている人ほど顕著にあらわれます。

 

パソコンに比べるとスマホのほうが目との距離が近くなってしまうことが大きな要因です。一般的な老眼に比べると症状は一時的なものですが、繰り返すうちに症状が重症化していくとリスクがあると言われています。

 

目には、カメラでいうレンズに当たる水晶体があります。この水晶体は、近くを見るときには分厚くなり、遠くを見るときには薄くなるように筋肉である毛様体筋が調節します。

 

しかし、スマホを長時間見続けることにより毛様体筋に負担がかかり調節がうまくいかなくなります。また、夕方ごろになると症状があらわれやすくなるのは、スマホの強い光により目に入る光の光量を抑えるために虹彩筋にも負担がかかるからです。

 

スマホ老眼対策には、スマホなどの長時間使用を避けることが一番です。10分間スマホを使用したら10秒遠くを見たり、1時間使用した後には10分程度休憩を挟むようにし、定期的に目を休ませることが大切です。

 

小刻みに休憩をはさみメリハリをつけることで、何時間も続けて画面を見続けるよりは目の負荷を減らすことができます。分厚くなった水晶体を薄くするためには、休憩時間に遠くを見つめたり、意識してまばたきの回数を増やし目を動かすようにすることも有効な方法です。

 

目の負担を減らす具体的な方法

 

目の負担を減らすためには、暗いところでの使用は避けること、電車や車の中では使用しないことです。さらに、ベッドやソファーに寝ころびながら使うことも控えます。

 

ベッドやソファーに寝ころびながら使うと目線が下から見上げるようになってしまい、目が乾きやすくなります。結果として、視力低下を引き起こす原因となってしまいます。姿勢は正しく、目線ややや下になるように使うことが望ましいです。

 

目の負担を減らすためには、スマホなどとの目の距離を離すことも大切です。最低でも40センチ以上離す必要があります。

 

40センチの目安は、個人差はありますが、手のひらを全開にしたときに、親指の先から小指の先までが約20センチとされているため、両手分離すことで約40センチくらい離すことができます。

 

ブルーライトをカットすることもひとつの対策です。スマホやパソコンのディスプレイからはブルーライトが発せられています。

 

このブルーライトは、網膜にダメージを与え、目の疲れや痛みを引き起こしたり、体内時計を狂わせる原因や頭痛、肩こりを引き起こす原因にもなります。ブルーライトを減らすためには、ブルーライトカット効果のあるフィルムを貼る方法やブルーカット効果のある眼鏡の着用する方法などがあります。

 

目の周りを温めることも有効な方法です。目を休める手段として広く知られる方法ですが、蒸しタオルなどで目の周りを温めることで、血液の流れがよくなり、目のピント調節機能が回復していきます。

 

ただし、やりすぎは目に逆効果となるため、1日1回が目安です。寝ている間に行うと疲労物質を取り除きやすくなるため、就寝前がより効果的なタイミングとされています。

 

眼を回復させるトレーニング

 

毛様体筋を鍛えることも有効です。毛様体筋は、視力回復トレーニングにもつながる方法ですが、弱った目の筋肉を鍛えることで予防につなげます。目の毛様体筋が衰えることで、ピントを合わせにくくなり、視力低下を引き起こします。毛様体筋を鍛えるためには、目の前に人差し指のピントを合わせた状態で3秒数えます。

 

3秒数えたら、2メートルから3メートル先の物へと目線を送り、そちらへピントを合わせた状態で3秒数えます。これを交互に10回繰り返します。近くと遠くを交互に見ることがこのトレーニングのポイントとなるため、指を近くから遠くへ、遠くから近くへとピントを合わせながら移動させることも毛様体筋を鍛えることにつながります。

 

日常的に目を酷使しすぎる人は、目に良い栄養素であるルテインやアントシアニンを意識して摂取するようにします。ベリー系のフルーツなどが有名ですが、抗酸化作用のあるビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが含まれる野菜などを積極的に摂ることです。

 

食事だけでは補いきれないときには、サプリメントからの補給などが効率的です。ただし、サプリメントを使う場合には、過剰摂取にならないように注意します。

 

スマホ老眼は、悪化してしまうと目の疲れや見えづらさだけでなく、肩こりや頭痛などの身体的症状を引き起こすことがあります。スマホを長時間いじってしまう人や仕事でパソコンを使う人などは、目を酷使しすぎないようにする必要があります。

 

老眼は40代以降に進行するものですが、スマホやパソコンを日常的に使用する現代では、20代や30代の若い世代でも似た症状が引き起こされるため、しっかりと対策を行う必要があります。