スマホ老眼対策ナビ

MENU

スマホ老眼に効果的な人気の方法をおすすめします。

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

皆さんはスマホ老眼というものをご存知でしょうか。これは近年、パソコンやタブレット、スマートフォンなどを使用する方が増えている中で、それらの画面を長時間近距離で見続けることで、目の筋肉の緊張状態が続き、老眼と同様にピント調節が利かなくなってしまう状態のことを言います。

 

基本的には一時的であることがほとんどであり、時間の経過とともに良くなってくるケースが多いのですが、繰り返していくうちに症状が重篤なものになってしまうこともあるため注意が必要です。長時間近くを見続けるということは、言い換えれば目の中にある水晶体というレンズが、膨らんでピントを合わせ続けている状態です。

 

水晶体を膨らませ続けるのは非常に目の負担になりますし、ピントを元に戻そうと思っても、急には戻らなくなることもあります。つまり、遠くを見ようと視線をさっと切り替えても、なんだかピントが合いにくいと感じたりします。これらの症状に対してどのような対策をとればよいのか、最近では様々な方法があります。

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

 

おすすめのスマホ老眼対策

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

ここではその中でも人気があり、効果的であるとされる、おすすめのやり方を紹介していきます。まず、スマホ老眼に対しておすすめの対策の一つは、やはり眼のトレーニングを丁寧に行うこととされています。例えば、窓際に立って遠くの景色が見える状態でペンや鉛筆などを手に持ち、手に持ったものを3秒間見た後で、窓の外の景色を3秒見るというようなトレーニングを一日に数セット繰り返します。

 

あるいは、指先に書いた文字を近くではっきり見える位置から、一秒でぼやける位置まで遠ざけ、3秒で再びはっきり見える位置まで近づけるという動作を繰り返したりします。その他、眼球運動のトレーニングとして肩幅ほどの幅で立てた親指を、上下左右、斜めなどに向きを変えて動かし、目線だけでそれらを3往復するというような動作を行います。

 

トレーニングは他にも様々なものがありますが、これらによって眼の筋肉を動かし、緊張していた筋肉を和らげることができるのです。眼の運動もスマホ老眼には有効ですが、眼にいい食べ物を積極的に摂取するということも大事です。例えば鮭などに含まれるビタミンB1などは、水晶体や毛様体筋の代謝に役立つとされています。

 

納豆などに豊富に含まれているビタミンB2は角膜炎の予防に効果的です。ビタミンEは目の老化防止や、白内障予防に効果のあるとされる栄養素です。さらに、有名なDHAは網膜の中に多く含まれているため、これを食物から摂取することで網膜の働きを高めて視力回復にも役立つと言われています。

 

眼に良い栄養素はたくさんありますが、上記の他にもブルーベリーに多く含まれるアントシアニンや、ホウレンソウやキャベツ、ブロッコリーに多く含まれるルテインなども眼に対して非常に栄養があるとされています。ビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない栄養素ですので、これにより血管が強くなるため、不足すると眼の毛細血管も弱くなって視力低下に繋がり易いと言われています。

 

その点ではビタミンCも欠かせない栄養素でしょう。これらの栄養素は現在では、サプリメントなどで簡単に摂取できるようにもなってきており、大変手軽です。いずれにせよ、眼に良い食べ物を摂取することは対策としてはかなり重要と言えるでしょう。

 

自分でできる眼の疲労対策

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

次におすすめの方法は自分自身が眺めるパソコンやスマートフォン、タブレットのモニター画面について、眼にやさしい画面表示設定にすることです。それらの多くの画面からはブルーライトと呼ばれる、眼に対して刺激となる波長のライトが放射されており、疲れや痛みと言った直接的なダメージを眼に与えることがあります。

 

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いとされており、長時間浴びていると、メラトニンと呼ばれる眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなってしまいます。結果的に、体内時計そのものまで狂ってしまい、さまざまな体調不良の原因になることもしばしばです。

 

最近では、ブルーライトを軽減する設定を施すことのできるアプリもあります。またパソコンなどを仕事で長時間使用される方などに、眼の負担軽減を目的として、ブルーライトカットが施された作業専用眼鏡なども販売されています。

 

それだけブルーライトは眼の負担につながるという認識が広まってきているとも言えるでしょう。眼に対する刺激を減らすための手段としては、画面の明るさを調整するのも一つです。暗すぎず、明るすぎずというところで設定するのが良いでしょう。

 

また、ちょっとした対策として文字のサイズや文字の色なども見やすいように設定するのも良いでしょう。小さすぎる文字を読み取ろうして、眼を凝らすことは眼精疲労の原因となりやすいです。

 

読みやすい文字の大きさを設定することにするだけでも、負担をかなり軽減することができるはずです。以上、スマホ老眼の対策としていくつか人気のあるおすすめの方法を紹介してきました。症状が気になっている方は是非一度これらのやり方を試してみてはいかがでしょうか。

 

目に負担をかけないように心がける

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

現代社会において、パソコンやタブレット、そしてスマートフォンの普及により眼の疲労はまさに切っても切れないものとなってきました。可能な限り負担を減らし、症状が現れないように、例えばスマホやパソコンのディスプレイと目の距離を離すといった簡単なことから試してみることも大事です。

 

ディスプレイと目の距離を離すだけでも、目にかかる負担を軽減できます。最低でも40センチ以上離すと良いでしょう。また、眼が疲れたと感じたら、ケアも必要です。例として、ちょっとした蒸しタオルなどを目の周りに当てて温めることにより、血液の流れが良くなり、疲労物質を取り除きやすくなります。

 

ただ、やりすぎると逆に目に良くないため、就寝前に1日1回程度で良いでしょう。 スマホ老眼は、症状が悪化すると、目の疲れや見えにくさを引き起こすだけでなく、肩こりや頭痛、その他重篤な症状の原因となるケースもあります。

 

仕事でパソコン画面と一日中向き合っているという人や、ついついスマホやタブレットなどを長時間いじってしまうという人は、できるだけ目を酷使し過ぎないように、先に述べた対策を取っておくと良いでしょう。

スマホ老眼によく効く商品ベスト3 

1位大正ブルーベリー

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!
大正ブルーベリーは北欧フィンランド産のビルベリーとアフリカンタイプのマリーゴールドを配合したサプリメントです。大正製薬より発売されています。この配合により眼精疲労など多くの働きをするビルベリーエキス80mgと今注目のブルーライトを吸収するルテイン6mgが含まれています。

 

大正製薬は製薬会社として原材料の品質に対してこだわりを持って厳選しています。日々の生活における眼を使って見る、読むのを楽しむ手助けをする高品質なサプリメントです。大正製薬は製薬会社としての長年の技術を使用して、高品質なより良い配合成分の配分を追及しています。そしてビルベリーエキス80mgとルテイン6mgを配合したのです。

 

北欧のフィンランドにある森の天然の野生種のビルベリーだけを使用しています。ビルベリーは栽培されているブルーベリーと比べると主に色素成分アントシアニン含有量が高いです。

 

マリーゴールドの中にはルテインが多く含まれています。原材料としてマリーゴールドの中でも花が大きく、ルテインが他より多いアフリカンタイプのマリーゴールドを使用しています。これにより一日に必要な目安であるルテイン6mgを配合する事ができています。

 

スマホ老眼はスマホの画面などのディスプレイを見続けることによる眼の酷使が原因で起こる現代病です。ビルベリーエキスに多く含まれているアントシアニンは眼精疲労回復や視力改善など眼に良い働きをします。

 

またルテインは今注目されている成分です。緑黄色野菜などに含まれるもともと体内に存在する成分なのですが、スマホなどのデジタル機器の画面から出るブルーライトを吸収する性質があると言われています。

 

大正ブルーベリーはこれらの成分を高品質に配合しているサプリメントですので、この現代病に対してとても有効な対策になります。

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

 

2位北の国から届いたブルーベリー

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!
北の国から届いたブルーベリーは日本のブルーベリーよりもアントシアニンを多く含む北欧産のビルベリーを使用しているサプリメントです。やわたより発売されています。

 

なんとビルベリーエキスを1粒につき200mgもの量を含んでいます。このサプリメント一粒で一日に必要なビルベリーエキスの中の栄養素の必要量をカバーすることができます。毎日一粒飲むだけで健康維持、特に眼の健康維持ができてしまうのです。

 

ブルーベリーにはアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは太陽光の紫外線に長時間さらされている植物の実を有害な紫外線より守るためにあります。

 

北欧に自生しているビルベリーはブルベリーと同じツツジ科ヒノキ属に属する果実です。ビルベリーの産地は北欧になります。北欧の一つフィンランドでは国土の7割が森林におおわれている自然の多い国です。

 

北欧には夜でも沈むことのない太陽が照り続ける夏である白夜があります。1日20時間の日照時間もの太陽の光から身を守るために、ビルベリーは極めて多くのアントシアニンをその実に蓄えます。

 

北欧の野生種のビルベリーは1粒は小さいのですが、それにより特有成分である色素成分アントシアニンが栽培されたブルーベリーの含有量が3倍(重さ当たり)にもなります。

 

スマホ老眼はスマホやパソコンなどを長時間にわたり使用する事でなる若者でもなってしまう現代病です。スマホなどのデジタル機器のディスプレイを見続けることにより目が疲労、疲弊してしまい、眼のレンズの中のピントを合わせる筋肉などが弱ってしまう事により起こります。

 

アントシアニンには様々な効能があります、特に有名なのは視力低下や眼精疲労に効果があることです。

 

北の国から届いたブルーベリーの1粒に含まれる200mgものビルベリーエキスには極めて多くの、1日の必要量を満たす色素成分アントシアニンが含まれています。

 

1粒で一日に必要なアントシアニンを補うことができるこのサプリメントは、眼がスマホ使用による疲労で病気になるのを防ぐ手助けをしてくれることでしょう。

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!

 

3位ブルーベリー&メグスリノ木EX

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!
ブルーベリー&メグスリノ木EXは眼精疲労に効くアントシアニンを多く含む野生種のビルベリーとカシス、ゴジベリー、マキベリー、クランベリー、リンゴベリー、ハスカップなど6種のベリーを含み、昔から煎じられてきたメグスリノ木の樹皮と葉やブルーライトを吸収するルテインを含むマリーゴールドが配合されたサプリメントです。

 

小林製薬より発売されています。また製造に当たっては徹底した管理体制のもとで原材料の選別をし、製薬会社としての安全、品質を徹底して作られている高品質な健康補助食品です。

 

このサプリメントは23種ものアントシアニンが配合されています。使用している北欧のビルベリーには23種のうち15種のアントシアニンが含まれています。

 

他にもカシスはビタミンCやカロテンなどが含まれています。ゴジベリーは栄養価の高いスーパーフードとして注目されています。マキベリーは古くから健康食品として使われているものです。

 

リンゴベリーはビタミンEやフラボノイドなどを含んでいます。ハスカップはビタミンCを含んでいます。クランベリーはポリフェノールを摂ることができます。そして日本で古くから使われているメグスリノ木にはカテキンやタンニンなどが含まれています。

 

また契約農家で栽培する観賞用ではない花弁の大きいマリーゴールドよりルテインを抽出しています。またビタミンB群やDHA,EPAも含まれています。

 

北欧に自生するビルベリーのアントシアニンの量が最も多くなるのは完熟した頃です。完熟したビルベリーは柔らかくつぶれやすいので空輸に向きません。

 

収穫からの時間でアントシアニンも減ってしまうので、採取近くの工場で丁寧に加工しています。同じ場所でもいつも同じ濃度とは限らないので、エキスのにした後に厳しい基準で含有量を測定しています。

 

基準をクリアした原材料の実を使用して作られています。製造工程は医薬品の製造管理基準に準拠する工場で製造されています。

 

アントシアニンは眼精疲労や視力回復に効く、眼の疲労の対策に良い成分です。スマホ老眼のようにデジタル機器のディスプレイを見続けることによる眼の酷使による疲労を原因とする現代病の対策に有効に働きます。

 

ブルーベリー&メグスリノ木EXには実に23種のアントシアニンが含まれており、眼がスマホの使用などで疲労することで起こるこの現代病に対して心強い味方となるでしょう。

 

スマホ老眼対策ナビ│治すにはどうすれば良い?改善対策を大調査!